忍者ブログ
現在、全てを勢いだけでやってます。わおわおぉ。
[283]  [280]  [279]  [278]  [277]  [276]  [275]  [274]  [273]  [272]  [271
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんは。
今日の記事は何かと申しますと、実はネットストーカーの様に何時も鼻息荒く、でもコッソリ(気分は)見に行って、コメント残そうか悩んで悩んで、でも思ったことが上手くまとめられなくて、ピンポンダッシュの様に拍手押して帰って来ている大好きなブログがあります。

先日、非常に興味のあるというか、すごい面白い記事が上がって、もうコメント残したかったのに拍手コメントの文字数ではまとめきらなくて、しかもどう考えても自分語りなもんで、だったら了承を頂いで自分のブログに書いちゃった方が早いじゃねーかと!!
そんなわけで、ご了承を頂いての本日の記事でございます。

中の人様、本当にありがとうございます(土下座)
完全にお題に乗っかってるだけの話なんですけどもね(汗)
カテゴリーも悩んだのですが、乙女ゲーの話もしてるので、乙女ゲーってことで(苦笑)

中の人様の素敵なブログは、コチラ↓

右肩下がりのドクターイエロー


拍手[7回]


**********



まず、その乗っからせて頂いた記事がコチラでございます。


厨二と処女と童貞と腐女子

前半部分は【懐古厨が「あの頃の同人サイト」を作ってみました】話で、ラッキーな事(?)に私は10年くらい前何をしていたかと言うと、馬車馬の様に働いてプライベートも合わせてゴチャっとしてて非オタでした。
なので、「言われてみれば、見た記憶がある!」感ぐらいで、いわゆる「アルアルアルアルアルwwwwwwアルアル過ぎて、何だか心臓痛いwwww」程ではないです。
身に覚えのある人のあの何だか懐かしいけども居た堪れない感は、きっと腐れ縁の友達と会った時に自分達が学生時代に作った薄い本を「お土産だお( ^ω^ )」と言ってニヤニヤしながら持って来られた時のあの感じと一緒ですかねぇ?

そんなわけで、今回のお題。

あなたの魂では、厨二と処女と童貞と腐女子、どれを多く飼っていますか――?

コレについで自分語りしてみたいと思いますwww


◆厨二成分
これは、オタクであれば多かれ少なかれ持ってる成分だと、個人的には思います。
とはいえ、拗らせてミサワ状態になっているのではなく、あくまでもその厨二成分が好き!と言うか、厨二設定が好き。大好きなツボを持っている。
でもそれは、各自の趣味嗜好によってそのツボの位置が異なっている訳で。
自分が好きだったアニメや漫画、小説、映画などから多大な影響を受けますよね。
んーっと。たとえば、戦いモノの恋愛要素の場合、

・好きな相手を庇い、肩や腕などに怪我を受ける。でも致命傷じゃない。
・ちなみに女→男の場合、庇って背中を怪我する場合は致命傷になる事が多い。

とかありません?
あるあるネタじゃなけど、商業誌でも薄い本でもよく見た気がする。
そして、夢小説とかなら設定される確率はもっと高い気がする?...のは、完全に推測で言ってます。
あと、

意味なく超能力(特殊能力)が好きだったり。
アンドロイドとか機械の体も好きだったり。
無駄にヒラヒラするマントがマストアイテムだったり。
普段は野暮ったいのに、本気出すと凄かったり。

学生時代にジャンプだったり少年漫画系を読み込んでいたりすると、もうね!
私も嫌いじゃありません。むしろ若干ノスタルジックな感じもしなくもないけども。
もはや厨二成分は、魂の何%を占めている...というより、魂のベースの様な気がします。
ショートケーキで言うとこの小麦粉的な位置づけ。土台です、土台。

そして。
この様な厨二成分は、乙女ゲーしかりBLゲーしかり程よく散りばめられてますよねー。
でね。この様な厨二成分たっぷり乙女ゲーであるデス・コネクションが大好きです。
でも、同じく厨二成分たっぷりの魔恋はダメでした。
この差ってなんでしょうねぇ?
いわゆる個人の趣味嗜好の範囲なのか、それとも何か別の要素なのか。
両方共、戦う男(?)との恋愛ですよ。しかも、どちらかと言うと悲恋系。
そして、両方共、設定の詰めが甘い。
でも、デスコネは大好きなんだよなー。

何で?ねぇ、何で??←人に聞くなよ
....デスコネはおさわりシステムがあったら?←おいおい

そこが、いわゆる【各自の趣味嗜好によって異なるツボ】のせいなんでしょうかねぇ?
たとえ設定がアレでクソでも許せる時と許せない時があるのは、きっとそのツボの違いだと思うんです。
大好きなツボだからこそ許せない!!...って時と、このツボをピンポイントで刺激されたらどんなに他の仕様や設定がクソでも許せるわ!!...って時と、全てが許せん...って時がありますがどうでしょう?
ちなみに私が魔恋の何がダメだったのか?は、感想に書いたつもりです。...あれでも。


結論:厨二成分は魂のベース


◆童貞成分
童貞成分.....か。というか、実はそもそもギャルゲーをあまりしてません。
そう言う意味では、童貞成分は少ないのかもしれないのかなと。

↓プレイしたギャルゲー
・ときめきメモリアル(初代)
・同級生(サターン版)
・ルーンファクトリー(初代)
・鬼畜王ランス
・コンセプション

ルンファク初代とコンセプションをギャルゲーにカウントするか?という話もあると思いますが、可愛い女の子達を口説くということで、とりあえずカウントしました。

・ギャルゲーに出てくる「可愛くてエロくて楽に消費できる男性向けの女の子」
・大人向け漫画(エロ漫画という意味ではない)や月9とか22時からのドラマに出てくる様な「恋も仕事に悩む働く女性」

とあった時に、基本的にどちらも嫌いではありません。
むしろ、「女性が嫌いになりそうなタイプ」が苦手かも。いわゆる【ブリッ子(死語)】ってやつです。女子に向ける顔と、男子に向ける顔が違うタイプ。
そんな雰囲気の子は好きではない気がする。
でも、よく考えたらそんな女性キャラは、乙女ゲーにいないよね。
ギャルゲーは経験値が少ないので判断出来ませんが。
んで、思い返して見ると、ときメモの詩織ちゃんが苦手だった(苦笑)
うーん。プライドの高い女の子?
同級生はあまり覚えてないんだけども、やっぱりお金持ちの高飛車な女の子は苦手だったかもしれない.....って、そんなキャラいたっけ?ってぐらいアヤフヤ。
ルンファク初代は、やっぱりお金持ちの高飛車な女の子が苦手...というかイライラした(苦笑)
なので、頑張ってお屋敷に通って向こうがデレてきた所で、そこの屋敷のメイドさんと結婚したったwwwwww
って、どんなプレイだ(大笑)童貞とは思えない当てつけプレイだよね??
鬼畜王ランスは、完全に鬼畜王でとりあえず片っ端から喰ってやるゼ!!とウヒャウヒャしてたので、あまりタイプとか考えなかったなぁー...って、コレが童貞成分!?(目白抜き)

うーん。
その後はオタク的にブランクを経て乙女ゲーして、久しぶりにこの間コンセプションをやったんだけども、いわゆるお金持ち高飛車女の子はウハウハしながら特攻してたので、何があった自分!?状態です。
ツンデレに目覚めたからか?大抵のお金持ちの高飛車な女の子って実は寂しさの裏返しってパターンで、その可愛さを知ったんでしょうかねぇ?
でも、今思い出しても詩織ちゃんは好きになれないなぁ(トラウマ?)でも、あの子をデレさせた時の達成感は半端ない気がする。

こう考えると、童貞成分は少ないですよね。
大人向け漫画の【恋に仕事に悩む働く女性】って嫌いじゃないからでしょうか?
...あ。
全般的に平気ではなく、作家さんによってです。

・東京アリス 1巻~@稚野鳥子著


・路地恋花 全4巻@麻生みこと著


とか好きです。
あと、

・麒麟館グラフィティー@吉村明美著


吉村さんの描く漫画は大好きです。恋愛だけではなく、割とヘビーな話(人の心の見たくない部分)だったりで心をエグられるのですが、凄く面白いです。【恋に仕事に悩む働く女性】って言うと、この麒麟館グラフティーかなぁ。

....って事は、全くもって【恋に仕事に悩む働く女性】の漫画は平気ではないという事ですね(大笑)いわゆるリア充のお嬢さん達が、大好き!!と言う大人向け女性漫画はやっぱり苦手なのかもしれない。
だってフィールヤングとか読まないwwwwwww

きっと、その漫画には厨二設定が少ないからなんだと思います。←え?そこ!?
厨二設定が少ないのに、それでも好きと言える漫画は何か別のツボがあるんだろーなー。


結論:童貞成分少なめだけど、リアルな女性像も苦手な気がする。


◆処女成分
これは....(苦笑)
まずですね。
「新條まゆ先生が少女マンガで初めてティクビーを書く前の世代の漫画」で育った人は、処女成分が多いとアテクシ考えます。
いわゆるTL(ティーンズラブ)以前の漫画...2000年代以前の漫画でしょうか?
↑年代テキトー
ちょっとwiki先生に聞いてみたら、95年に創刊された「エルティーンコミック」が草分け的存在で、1990年代後半から2000年代初頭にかけてジャンルとして定着したそうです。
まあ、ぶっちゃけ乱暴に説明すれば、無駄にナニをいたしてる漫画=TLって事ですよね。

そもそも、新條まゆ先生のティクビー前で、ナニを致した漫画の草分けというか最初の漫画は、ベルばらと聞いた事があります。
何かで読んだか聞いた話なので、確固たるソースはありません。話半分で聞いてね。
あと、あの時代でナニをいたした漫画で私の記憶に残っているのは、ブラッディ・マリィ@柿崎普美著と、僕の地球を守って@日渡早紀著ですかねぇ?
※ただし、NLに限る。
この3つの漫画で共通するのは、

・その行為に何かしらの意味があった。

つうことです。
ベルばらは完全に死亡FGだよね(苦笑)そして、ブラッディ・マリィと僕の地球を守っては、物語のキーとなる重要な設定に関係ありました。なので、意味なく行為をする...という事はあまりなかった気がします。
しかも、この時代におけるエロ描写は、今の乙女ゲーに近い状態でしたし。
あくまでも物語のメインは両想いになるまでの過程であり、その行為というのは乙女ゲーでいうとこのFDな位置づけ(その後の話)に近く、ご褒美的な感じ?そして、露骨な描写はなく、事前の描写→椿の花がポトン→事後の描写...という感じでした。

でもね。
それで良かったのですよ。
あくまでも物語は二人はめでたく両想いになりましたとサ♪めでたし、めでたし♪...で終わって、その後の2人がどうなったかは読み手の想像(=妄想)にお任せしますネ☆ミという感じでした。余韻がタップリです。

ところが。
TLはというと、読込んでる訳ではないので100%こうだ!と断定出来ませんが、

・付き合うまでの過程は速足

・セックル!セックル!

・あいつ...私の事、本当に好きなのかな?(ウルルン)

....と、どちらかと言えば、「2人の気持ちを量る手段」として行為が使われる確率が高い気がします。そして、編集部からの指示なのか、1話に1行為的な制約があるのか?と思う程無駄にセックルを入れ込んでる感じです。

何冊か読んだ事がありますが、ぶっちゃけ飽きた(苦笑)
全部が全部クソつまらない!とは言わないですよ。
読んだのは、極々1部だし。ただ、何かファンタジーだったよ、色々とwww
そういう意味では、BLと似てるのかなぁ?BLでも8割やおいっぽい??

ハッキリいって、エロ目的ならエロ本やR18ゲーを買った方がいいと思うのですが、女子高生が堂々とエロ本買えんわなー。...あれ?対象年齢は中学生か?
何と言うか、エロは想像力(=妄想力)が大事だと思うのですよ。何だかタモさんだか誰かが力説してた気がするけども(苦笑)世間の男子のエロ妄想力が、AVが世の中に出てきた事によって低下した!!と。視覚的に直接見れてしまうからだと、タモさんか関根さんが言ってた様な...誰でしたっけ?(大笑)

あと、男性は体で女性は頭で行為をするとも言われますよね(あれ?言わない??)
だから女性は、付き合うまでの恋愛過程が大事で、そして前戯と後戯のが大事なんだと思う。
だって、終わった後に背中を向ける男は嫌だ!!って言うじゃない??
...って、アレ?何だか話がとっ散らかってきたよ??(汗)

とはいえ、今のTLで育ってきた世代とは、またちょっと違うかもしれないと感じます。ファンタジーですが、視覚的にエロ描写を見てきてるので、やっぱり物語の過程でエロ描写が欲しいのではないかな?と。
新條まゆ先生のティクビー前の時代の少女漫画を読んで育ってきた世代としては、
セックルは両想いになってからのご褒美的な位置づけでOK牧場!主人公のラブラブ話は、各自の妄想力(=脳内補完とも言う)で補うのが楽しい!!のかなぁーと、思いました。
...イヤ、必ずこの世代の人が主人公のセックルを妄想している訳ではなくて、2人の幸せなその後というのを楽しむって事です。
その妄想のネタとなる様な、直接表現ではなく間接的な萌えるシチュエーションを本編で挟んでくれればいいのですよ。ノリシロ部分を頂戴!って訳です。それは、漫画だけではなく乙女ゲーでも....イヤ!確実に全年齢対象の乙女ゲーに言えると思います(机ドン!)行為はあからさまに見せるより、隠してソコはプレイヤ(読み手)側に委ねる方がそのゲームにハマる気がするのですよ。

結果的に、いわゆるABCの段階をちゃんと踏んた清い交際になりますね。
って事は、やっぱり私は処女成分が多いだなと。

だってサー。
個人的には、モザイク掛る様なそんな接続してる状態とかいらないわーwwwww
「これが...欲しいんだろ?」とか言うヒーローなんて、萎えるわーwwwww


結論:処女成分多し。


◆腐女子成分
これは、遠い昔に腐っていた時代があったので、私は心に立派なイチモツが生えてます(笑)
一度生えたイチモツは消せないのですよね、残念ながら。なので、進学や就職で腐女子を止めた人が、数年後に再び戻ってくる確率が高いのも頷けます。
...って、そんな話じゃないですよね。

そもそも女子という生物は、BLにハマる確率は高いと思います。
もちろん、全員が全員ハマるとは言わないですよ。

と言うのも、女子という生物は【真実の愛】が好きです。
それを3次元で求めると恋愛脳になり、さらに拗らせるとビッチになると思います。だって、本人はあくまでも「真実の愛」を求めさまよってる訳ですから。
んで2次元に求めると、少女漫画でいう

本気で好きになった女はお前が初めてだ!

ですよ(大笑)
特にプレイボーイ(死語)的な男性キャラが言う確率が高いのですが、そもそも真実の愛とはなんでしょう?
世間のお嬢さんが求める【真実の愛】って、

未来永劫、私だけを全力で愛してくれる男性からの愛。

なのかな?と。
そうです、それって男性→女性向けの愛なんですよねー。
あ。そこで、「それは違うだろう?」とは言わないで!!
とりあえず、今後【真実の愛】の定義は、この意味として話を続けます。

で、です。
それを少女漫画で表現しようとすると、非常に話の設定が限られませんか?
例えば冊数が増えれば、その真実の愛を語るページ数が多くなり話を膨らます事が可能ですが、読み切りではなかなか難しいと思います。
個人的な妄想ですが、TLはそれを行為で表現していたりしませんかね??

しかし。
BLは基本ノーマルの女子が生産してノーマルの女子がメインで読むものだと思うのですが、BLには真実の愛が詰まっているとワタクシ思います。

だって、性別の壁を越えるのですから。

女だとか男だとか関係ない!お前が好きだ!!

...ですよ。
これって、完全に真実の愛ですよね?
しかも、両方共男だから、男(攻)→←男(受)の真実の愛が2倍ですよ!!
だから、BLってだけで真実の愛がそこにある訳で、そして誰にもバレてはいけない「秘密の恋」でもある訳です。
....BL作品によっては、学園中が知ってるトンだカップルなんてのもあると思いますけど。

そんな女子の妄想から成り立ってるBLなので、女子の好きな恋愛の胸キュン設定は盛り沢山ですしね。BLってだけで「真実の愛」と「秘密の恋」つう設定がついて来る様なものですから、ハマる女子は多いと個人的に思うのです。
しかも、自分の恋愛感とか被る事もないから、全てが妄想でありファンタジーなので、楽しく見れるっつう。
とはいえ、BL脳を拗らせると、全てをBLと見てしまう副作用が出てしまいますがwww
もちろん、興味がない人や嫌いな人もいると思います。イヤ、います(苦笑)

ちなみに、BLのエロってアリですよね?(苦笑)
処女成分では、秘め事は隠せ!!と熱く言ってたのに、なんでBLはOKなのかなー(そりゃ、見過ぎたら飽きるけど)
結局、BL自体がファンタジーだからなんでしょうね。
きっと、NLだと主人公の女の子=読み手と自己投影していなくても、漫画ならヒーローポジションの男の子、乙女ゲーなら攻略対象が、生々しくてしかもイメージと違うセリフとか言われちゃうと萎えちゃったりするのかな?と。
あと、自分の好みの男以外のセックルに興味がなかったり?その行為自体に設定的な意味があるなら別でしょうけど。

ところがBLは、突っ込まれるのはこれまた受けのファンタジーな*ですからね。棒状のものであれば、イチモツであろうがドライバーだろうがシャーペンだろうが試験管だろうが折り畳み傘だろうがウェルカムなんですよ、きっと。うん。
だってソコには【真実の愛】があるから。
男(受)を「全力で愛するがゆえ」に無茶な事を男(攻)がしてもそれが「真実の愛」であれば、全力で受け止めるのも男(受)の「真実の愛」です。
BLって奥が深いねぇ~。
....とはいえ、最近のBL事情に詳しくないので、お門違いな事をドヤ顔で言ってる可能性もあるのですが、個人的に思うBLってこんな感じでございます。

私は過去にBL(ってか、やおいね)を楽しんでいた事がありましたが、でも何だか一周回ってお腹一杯状態になりました。ゲフー。でも、BLツボは出来ているので、それを刺激されると心のイチモツがエクセレント!!します。
※昔読んだBL的の表現(使用例:お前のココ...もうエクセレントだゼ?)

現在、PCゲーが出来る環境ではないので必然的にBLゲーも出来ませんが、老後の楽しみにとっておきたいと思う今日この頃です。


結論:薄まったかもしれないけども、もちろん腐女子成分あり。


◆そんなわけで、私の魂の成分
まず、ベースに厨二成分です。
これは、処女成分にも腐女子成分にも童貞成分にも、きっと含まれていると思うの。
そして、

・75%:処女成分
・20%:腐女子成分
・5%:童貞成分

...かと。
でも、うっかりBL萌えツボを刺激されると、一時的に処女成分と腐女子成分が逆転してる気もします(苦笑)結局は、NLもBLもどっちもイケる雑食って事ですわwww


PR
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
narinari
性別:
女性
自己紹介:

オスカー様担当



世の中の犬は全て溺愛。
現在、勢いとノリで全力疾走中なんだゼ!

※メールフォームを【このブログの取扱い説明書】の記事に折りたたんで入れました。
ご連絡事項等ございましたら、そちらからお願いします。

※トラブル防止に、このブログにUPされている記事やイラストの無断転載はお断りしております。
よろしく哀愁!←古!
カテゴリー
MWAMドハマリ中!!
MAN WITH A MISSION
Out of Control 発売予定!
GOD EATER2 応援中
GOD EATER2 楽しいよぅ!
ソーマが好きいぃぃぃぃぃぃぃ!
鉄小鹿墓所
貴女はイチジクパイが食べたくなる
みんなに届け!桐矢てんてー愛♡
購入予定フィギュア♡
ねんどろいど 刀剣乱舞-ONLINE- 小狐丸
2015/10/31発売予定
絶賛カヌチ寝かし中!
しばいぬ子さん広め隊
「まんがくらぶオリジナル」で好評連載中
妄想と現実の狭間の日常では、『しばいぬ子さん』を全力で応援しています。
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ [PR]

Copyright © 妄想と現実の狭間の日常 All Rights Reserved. / Designed by Addio.